何か色々してたりしてなかったりのブログ。
*カレンダー*


06 ≪ 2009/07 ≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

*最新記事*


*カテゴリー*


*最近のコメント*


*過去ログ*


▲pagetop

*カウンター*


*プロフィール*

ウィナ。

Author:ウィナ。
出没:完美世界・リヴリー
好き:猫・煙草・酒・読書・歌
嫌い:豆・豆・豆
中身:アルチュ・ニコチュのダメ人間
    フリーダムマンセー!


*リンク*


*OTHERS*



*ブログ内検索*


*著作権表示*

パーフェクトワールド-完美世界-
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Livly Island
『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。
スカッとゴルフ パンヤ
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
ヨーグルティング
© 1997-2009 Neowiz Corporation.,All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。
ROSEO nline
© 2009 Faith, Inc. All rights reserved.

*RSS*


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








読書読書


ゆっくりだらだらするといーよと言われて
それってどうしたらいいの?と聞き返し困らすのが得意なウィナです(
ゲームしたり本読んだりしたらいいって言われたのでガッツリ読書祭りらしーです

最近読んだもの
@小説
小林泰三「臓物大展覧会」
江国香織「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
村山由佳「蜂蜜色の瞳/おいしいコーヒーのいれ方 Second SeasonⅠ」
石田衣良「1ポンドの悲しみ」

@漫画
由貴香織里「人形宮廷楽団②」
やまざき貴子「LEGAの13③」
古屋兎丸「人間失格①」
他にも読んでるんだけど本が見つからず・・orz
本棚が毎日カオスです。

「臓物大展覧会」
臓物の記憶を辿るホラー短編集。
リアルな臓物の描写、質感のある叫び声は好みだったのでよかったです
ガチグロホラーだと思って買ってみたら、ぞくってくるグロ表現なしのホラーもあってニヤニヤ
SFっぽいのもあってちょっと他のも読みたいなーって思う本でした
怖いよ「透明女」
停電になったらガチ泣き出来るぜ・・
ねっ。あなたも透明女になってみたくなったでしょ

「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
淡々と綴られる女の日常の恋愛短編集。
中でも「十日間の死」は好きです
失わないと信じていたものが失われ、その失われた後は死んだように生きていた
ただ淡々と綴られているだけなのに痛々しい何かが残る
普段さっぱりとした恋愛ものを読むので、モヤっとした恋愛ものも楽しいです
大切なのは快適に過ごすことと、習慣を守ること。

「蜂蜜色の瞳/おいしいコーヒーのいれ方 Second SeasonⅠ」
おいコーシリーズの第二段。
もうくすぐったくって恥ずかしくてたまりません
今までしたことのない。でも、共感の出来る部分の多い恋愛小説です
この作品のシリーズで一番共感できるのは星野だったりします
女の黒い部分やずるい部分
そゆのを全面的にきっちり出してるのが清々しい

「1ポンドの悲しみ」
これもまた恋愛短編集。
一度ハマると同じジャンルのモノを読みたくなりますw
先に挙げた本よりもずっとずっと甘くて切ない恋愛
ちゃんと満ち足りて読み終わったあとに(良い意味)でため息が出る
一番好きなのはやっぱり「本屋でデート」
読んでる本を聞いて合格ならデートに誘う
そしてお互い本をプレゼントしあう
何て理想的な・・・・!
映画でも小説でも感想を言い合うのは好きです
あたしの周りにはあまり居ないのが残念でならない・・

「人間失格①」
古屋兎丸は大好きです
その彼があの人間失格を書く
それがすごく嬉しくてたまらなかった
人間失格を読んだ人も読んだことのない人も読んで欲しい
何度も読み返しては考える日々
恥の多い人生を送ってきました

さて次はいい加減チルドレンを読破してきますw


スポンサーサイト



2009⁄07⁄22 16:09 カテゴリー:読書。 comment(2)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2009 活字中毒者のネトゲ記録。. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。